• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  公務員試験ガイド  >  地方公務員[大卒]

公務員試験ガイド

地方公務員[大卒]平成29年度

※正式には、各自治体より発表される情報をご確認ください。

□地方公務員[大卒程度]試験について
地方自治体は規模によって、都道府県およびそれに準ずる政令指定都市などと、一般の市町村に分けられます。また、試験には「程度」が設けられていることがほとんどです。最終学歴を目安にして、「大学卒業程度」「短大卒業程度」「高校卒業程度」などに分類されますが、いずれも学歴要件を意味するのではなく、受験者に要求する能力の目安や問題のレベルを示しています(学歴要件等は例外もあります)。
ここでは「都道府県・政令指定都市・特別区(東京23区)の[大卒程度]一般行政系試験」について説明します。 
技術系の職種については、 →技術系[大卒]試験
◇都道府県・政令指定都市・特別区(東京23区)以外の市役所については、→市役所[大卒]試験

政令指定都市 札幌市、仙台市、さいたま市、千葉市、横浜市、川崎市、相模原市、新潟市、静岡市、浜松市、名古屋市、京都市、大阪市、堺市、神戸市、岡山市、広島市、北九州市、福岡市、熊本市
□受験資格 ※平成29年度
各自治体によって異なりますが、ほぼ昭和63年4月2日~平成8年4月1日生まれの者(受験年度の4月1日現在で21歳以上30歳未満の者)。
東京都1類B行政(一般方式)は、昭和63年4月2日~平成8年4月1日生まれの者。
特別区(東京23区)1類(一般方式)事務は、昭和61年4月2日~平成8年4月1日生まれの者。
受験資格には、基本的には年齢制限だけが設けられていますが、学歴制限を設けている自治体も一部あります。また、生年月日下限以降生の大卒(見込)者の受験が認められている自治体も多くあります。
□試験日程 ※平成29年度
地方上級(都道府県・政令指定都市の大卒程度試験)の一次試験日(統一実施日)
例年同じ時期[29年度は6/25(日)]に一次試験を実施。
東京都、特別区、大阪府、大阪市、北海道では統一実施日と異なる試験を実施しています。
→平成29年度 東京都1類Aの一次試験日は5/14(日)1類Bの一次試験日は5/7(日)
→平成29年度 特別区(東京23区)1類[一般方式]の一次試験日は5/7(日)
→平成29年度 大阪府 5月実施 行政[22-25]、技術[大学卒程度]の一次試験日は5/21(日)
→平成29年度 大阪市 事務行政(22-25)[大学卒程度]、大学卒程度技術の一次試験日は5/21(日)
→平成29年度 北海道 一般行政A(第1回)の一次試験日は5/14(日)

各自治体のホームページにも随時情報が掲載されます。
詳細については、各自確認しておきましょう(官公庁リンク集をご利用ください)。
+官公庁リンク集
□試験内容【一般行政系】
各自治体によって異なりますが、出題数、出題科目、出題内容によって、いくつかの出題タイプに分けることができます。多くの自治体が属する「全国型」の出題形式は以下の通りです。
・教養試験[択一式、120~150分、50問]
・専門試験[択一式、120分、40問]
・論(作)文試験
※論(作)文試験は、一次試験で行われる場合と、二次試験で行われる場合とがあります。
・面接試験[個別面接・集団面接、集団討論]
※面接試験は、二次試験以降で行われる場合がほとんどですが、一部の自治体では、一次試験でも行われる場合があります。
pdf平成28年度 地方公務員[大卒程度]一般行政系 択一式試験 出題タイプ
全国型
広く全国的に分布し、地方上級試験のベースとなっている出題タイプです。教養試験は、試験時間が120~150分、出題数50問で、ほとんどの場合、全問必須解答です。なお、独自の問題や科目を加えたり、除いたりして出題数を増減させたり、選択解答制を導入している自治体もあります。
関東型
教養試験は、試験時間が120~150分、出題数50問中20~25問が必須解答、残りが選択解答で計40問解答。必須解答はおおむね一般知能分野である。なお、独自の問題や科目を加えて出題数・解答数を増やしている自治体もあります。
中部・北陸型
教養試験は、試験時間が150分、出題数50問で、全問必須解答です。
法律・経済専門タイプ
一般行政系の試験区分・専門選択分野等で「法律」「経済」の区分がある自治体の専門試験が該当します。
その他の出題タイプ
①~④のいずれにも該当しない出題構成で、かつ⑥のように明らかに単独の問題が課される試験でない場合は「その他の出題タイプ」としています。
独自の出題タイプ
東京都1類B(教養試験)、特別区(教養試験、専門試験)は、出題構成および出題内容とも独自のものとなっています。北海道は職務基礎力試験、大阪府はSPI3、大阪市は適性試験を実施。その他にも独自の出題構成および出題内容で実施する自治体・試験区分もあります。
●東京都・特別区攻略のポイントは、29年度「受験ジャーナル」Vol.1 に掲載しています。
 受験ジャーナルVol.1→ 『受験ジャーナルVol.1』の詳細はこちら

●地方上級[教養]最新過去問&解説は、29年度「受験ジャーナル」Vol.2 に掲載しています。
 受験ジャーナルVol.2→ 『受験ジャーナルVol.2』の詳細はこちら

●地方上級[専門]最新過去問&解説とお役立ち 全68自治体 試験情報は、29年度「受験ジャーナル」Vol.3 に掲載しています。
 受験ジャーナルVol.3→ 『受験ジャーナルVol.3』の詳細はこちら

関連データ
試験概要
pdf平成29年度 地方公務員[大卒程度]一般行政系試験の概要
科目別出題数
pdf平成28年度 地方公務員[大卒程度] 教養試験 科目別出題数
pdf平成28年度 地方公務員[大卒程度] 専門試験 科目別出題数
関連リンク:
+試験ニュース (地方公務員[大卒])
関連リンク:通信講座

試験対応通信講座
教養+専門(行政)対策 →大卒程度公務員コース[地方上級・国家一般職大卒・市役所上級]K

教養試験対策 →教養試験攻略コース[大卒程度]C

技術系専門試験対策 →技術系模擬試験コース[大卒程度]G
※技術系専門試験は、土木/建築/機械/電気・電子/化学/農学・農業に該当する区分の対策ができます。
通信講座の資料請求をされた方には、無料で 『公務員試験DATABOOK』 も差し上げます。
→資料請求(無料)はこちら  
関連リンク:情報誌
→受験ジャーナル
関連リンク:問題集・ガイド
→公務員受験BOOKS

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る