TOP  >  公務員試験ガイド  >  国立大学法人等職員

公務員試験ガイド

国立大学法人等職員平成26年度

※正式には、国立大学法人等職員採用試験実施委員会より発表される情報をご確認ください。

□国立大学法人等職員試験について
国立大学法人等職員試験に合格すると、国立大学法人等において次のような業務に従事します。事務系(事務、図書)は主に大学等の事務局等で人事、会計、教務、研究協力、国際交流、学生支援等の業務を行います。技術系(電気、機械、土木、建築、化学、物理、電子・情報、資源工学、農学、林学、生物・生命科学)は、教育・研究施設の計画、工事の発注、維持保全の業務や、●詳細は、各地区の国立大学法人等職員採用試験実施委員会のホームページをご覧ください。

→北海道地区実施委員会  →東北地区実施委員会  →関東甲信越地区実施委員会

→東海・北陸地区実施委員会  →近畿地区実施委員会  →中国・四国地区実施委員会

→九州地区国立大学法人等事務・技術系職員人事委員会
□試験区分 ※平成26年度 ※必要に応じて募集職種等が決定されます。
事務系 : 事務、図書
技術系 : 電気、機械、土木、建築、化学、物理、電子・情報、資源工学、農学、林学、生物・生命科学 
□受験資格 ※平成26年度
昭和59年(1983年)4月2日以降に生まれた者
□試験日程 ※平成26年度
・申込み期間(インターネット) 4/1(火) ~ 4/15(火)
・1次試験日 5/18(日)
・1次試験合格発表日 6/24(火)
・2次試験日 各国立大学法人等で1次試験合格者に対して個別に日程を設定
・最終合格発表日 各国立大学法人等で実施および通知
□試験内容 ※平成26年度
■1次試験
教養試験[択一式、40問、2時間]
※平成25年度から電気、機械、土木、建築、化学の一次試験の専門試験は廃止され、教養試験のみ実施。

■2次試験
面接考査等
※事務系(図書)では、必要に応じて図書等の専門性を、また、技術系では、各試験区分に関する専門的知識について考査します。


●1次試験について
申込受付、1次試験日ともに全国統一で実施される(5月中旬)。教養試験は、地方上級[大卒程度]や市役所上級と類似した問題も多く出題されています。

●2次試験について
各機関が独自に行います。内容は面接考査が主で、個別面接のほか、集団面接や集団討論、論文試験が課される場合もあります。

●業務説明会・機関訪問
各地区ごとに、おおむね一次試験合格発表後に採用予定のある期間が参加する(合同)業務説明会や機関(職場)訪問などが開催されています。
□採用内定
特に内定の解禁日を設けるといった統一ルールはなく、比較的短期間で内定が提示されます。
ページの先頭へ↑
関連データ
□平成25年度 教養試験科目別出題数(択一式)
■教養試験
分野 科目 科目数
一般知能 文章理解 7
判断推理 8
数的推理 4
資料解釈 1
一般知識 数学 1
物理 1
化学 1
生物 2
地学 1
文学・芸術/思想 1
日本史 2
世界史 2
地理 2
政治 1
法律 2
経済 2
社会 2
合 計 40
40問必須解答
 
●25年度国家公務員試験の内容は、26年度 国立大学法人等職員採用試験攻略ブック に掲載しています。
関連リンク:
→試験ニュース (国立大学法人等職員)
関連リンク:通信講座
試験対応通信講座
教養試験対策 →教養試験攻略コース[大卒程度]C
通信講座の資料請求をされた方には、無料で 『公務員試験DATABOOK』 も差し上げます。
→資料請求(無料)はこちら  
関連リンク:情報誌
→受験ジャーナル
関連リンク:問題集・ガイド
→公務員受験BOOKS

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る