• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  通信講座  >  2018年度 技術系模擬試験コース[大卒程度]

実務教育出版 公務員試験対策 通信講座

2018年度(来年度)試験対応

技術系模擬試験コース大卒程度

専門 [技術系]

演習形式で技術系専門試験の出題パターンをつかむ!

過去問分析にもとづき頻出テーマを攻略!

頻出事項の要点をまとめたワークブックと過去問分析にもとづく頻出問題で構成した計5回の模擬試験演習により、出題パターンと解法をつかむことができます。過去3年分の実際の問題を収録した「本試験問題」は、出題傾向の把握、実戦力養成の強力な味方です。


教材構成

web 採点システムで即座に何度でも弱点チェック!

5回のテストブックのうち、前半2回の自習用は詳しい解説を参考に、知識を確認しながら進められます。後半の3回は受講生専用サイトでのweb 採点で、即座に何度でも弱点チェックができます。各回の専門記述式問題は、答案例で合格答案を研究します。


2018年度(平成30年度)試験対応講座の概要
受講対象 大卒程度 土木/建築/機械/電気・電子/化学/農学・農業の専門試験問題演習対策 [都道府県、政令指定都市、特別区(東京23区)、市役所、国家総合職、国家一般職大卒など]
※本コースは、すでに各専門を学習している方を対象にした問題演習用のコースです。
受講受付期間 2017年1月1日~2018年3月31日
学習期間のめやす 短期集中:2か月問題演習を中心に、
得点力アップを図る場合
標準:3か月頻出事項のポイントを押さえ、
問題演習に進む場合
じっくり:6か月基礎知識の基礎知識の確認と問題演習を反復する場合
受講生有効期間 2018年度試験終了まで
受講料◇2017年1月1日現在の税込価格です。 技術系模擬試験コース[大卒程度]【一括払】:各コース 23,760円
※受講料は税込価格です。また、受講料には教材費、指導費などを含みます。
*本セットのお支払い方法は、コンビニ・郵便局(一括払い)またはクレジット決済(一括払い)のみです。
*クレジット決済の詳細は、各カード会社にお問い合わせください。
大卒程度 技術系専門試験の特徴

公務員試験で要求される水準をカバーするためにも技術系試験を理解することが、試験攻略の第一歩です!

試験の出題傾向

技術系の専門試験は、各試験区分に関連した科目について大学の講義レベルで出題されるのが一般的です。しかし、出題範囲はかなり広く、自分が学んだ科目と実際の出題科目が合わないケースや公務員試験特有の出題形式がみられるケースも少なくないので、志望する試験ではどの科目のどんなところが出題されるのかを確認しておくことが大切です。一般に技術系専門試験はその科目を習ったことのある人には比較的やさしい問題も多いので、どの科目も基礎的なことからしっかり押さえる方針で、合格点獲得のための学習を進めることが必要です

これならできる! 大卒程度 技術系専門試験攻略!

入手しにくい技術系の情報を収集し、
実際試験問題を徹底的に分析して問題演習形式にまとめた貴重な教材!

専門試験の攻略法

土木/建築/機械/電気・電子/化学/農学・農業の6つのコース別に、数十年の過去問研究の成果をもとに、狙われやすい重要ポイントを盛り込んだ模擬試験問題を合計5回分こなすことで、頻出テーマを総ざらいします。まずは、ワークブックの基本問題を解き、ポイントの整理、関連事項、応用問題と進めながら重要事項を身につけます。その後、テストブックに取り組み、弱点はワークブックで復習しましょう。専門試験記述式問題も答案例でしっかり研究できます(建築は製図です)。過去3年分の本試験を収録した「本試験問題」もついています(国家総合職、国家一般職[大卒程度])。


  • 受講申込方法はこちら
  • 資料請求はこちら