• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  お知らせ  >  平成30年度試験対応『速攻の時事』 今年の時事はココが出る!ベスト10発表!

お知らせ

平成30年度試験対応『速攻の時事』 今年の時事はココが出る!ベスト10発表!

毎年『公務員試験 速攻の時事』の中で発表している
「出題予想時事テーマベスト10」をいち早く発表します!

これらのテーマは、択一式の試験だけでなく、
論文試験や面接・集団討論などでも話題になる可能性が高いです!
『速攻の時事』をジックリ読んで、シッカリ押さえておきましょう!


★平成30年度公務員試験 出題予想時事テーマベスト10

第1位 民法改正・刑法改正
~債権法がリセット。わたしの睡眠負債もなくなるの?!~
2017年、民法(債権法)が大改正。2016年の再婚禁止期間の民法改正とセットで1問。
あるいは、刑法改正や刑事訴訟法改正まで加えて5択を組む。
六法関連の時事ネタの無視は禁物。出題に時効はない!

第2位 働き方改革
~非正規雇用に長時間労働。労働者の心情を忖度して出題!~
安倍内閣が「最大のチャレンジ」と呼ぶ重要政策。
非正規雇用の処遇改善や長時間労働の是正に向け、2017年には実行計画を策定した。
「同一労働同一賃金」「勤務間インターバル制度」など、関連用語も要チェック!

第3位 少子化対策
~希望出生率1.8って小池さんの政策? ちーがーうーだーろー!~
安倍首相は消費税率引き上げで増える5兆円の使い道を変更。
約2兆円を子育て世代への支援に充てるとした。
これを受けて、少子化対策と人づくり革命は一気に出題圏入り。
論文や集団討論でも大活躍まちがいなし!

第4位 持続可能な開発目標
~インスタの#SDGsは7万以上。自分が映えなくても、支援を拡散!~
途上国支援と環境保護にまたがるテーマ。
2017年の『環境白書』が特集で取り上げた以上、今年は環境関連での出題に注意が必要だ。
対策は細部より基礎知識を中心に。パリ協定と同様、出題はしばらく持続可能!

第5位 日本の景気
~戦後2位ゲット説、濃厚。目指すは空前絶後のォ~好景気!~
緩やかながら好景気が続く日本。
2017年にはバブル景気(51か月)やいざなぎ景気(57か月)を追い抜き、戦後2位になった模様だ。
政府「熱盛」で出題は当然。個人消費の動きなど、今回の景気の特徴理解は欠かせない!

第6位 宇宙開発
~2017年の話題は「準天頂衛星」。出題もみちびけ!~
2017年、準天頂衛星「みちびき」の2・3・4号機が立て続けに宇宙へ。
日本の新しい衛星測位システムが整えられた。宇宙産業を視野に入れた試験対策が吉。
IT関連用語も気になるが、今年は「みちびき」が合格を導く!

第7位 観光政策
~2400万人? 地球上に観光客は何億人いると思ってるの?!~
今や成長戦略の柱となったインバウンド観光。訪日外国人旅行者の数はうなぎ登りだ。
2017年、政府は新たな観光立国推進基本計画を決定。
「民泊新法」など、観光関連の法整備も進んだ。外国人旅行者と一緒に出題も地方に波及!

第8位 一般会計当初予算
~経済再生と財政健全化の両立。これぞワイズスペンディング!~
財政の最頻出テーマ。歳入・歳出の主な数字を頭に入れるのが基本対策だ。
国家公務員試験の出題対象は基本的に本書にある平成29年度予算だが、
地方公務員試験では30年度予算を出すところもある。試験対策もワイズに!

第9位 アメリカ経済
~新政権下の経済動向に世界が注目。出題もアメリカ・ファースト!~
2016年秋にトランプ大統領の誕生が決まると、消費者マインドが改善。
消費が上向き、就業者数も増えている。金融政策では正常化に向けた変更が次々と決定。
フェイクニュースでないなら、主要指標と金融政策の動向で5択を組む!

第10位 防災対策
~公務員になるなら、難問にもJアラートにもビビっちゃダメ!~
2017年の『防災白書』は災害直後の物資供給などを検証。
国土強靱化とともに、防災関連の知識は、論文・集団討論にも有用。
備えあれば憂いなし!


☆次点☆
日本政治の動き ~政局ネタは試験に不向き。でも排除は禁物!~
介護保険制度   ~人生100年時代、目指せ介護離職ゼロ!~
核兵器廃絶運動 ~核ミサイルにも出題にも負けるな。Yes, ICAN!~

→『30年度試験完全対応 公務員試験 速攻の時事』 の詳細はこちら
→『30年度試験完全対応 公務員試験 速攻の時事 実戦トレーニング編』 の詳細はこちら

一覧ページに戻る