• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  地方公務員[大卒]  >  判断推理5 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■判断推理5 (地方公務員[大卒])

問題

A~Dの4人は、月曜日から土曜日までの連続する6日間に行われた会合の受付を担当した。各人が担当した日について、以下のア~エのことがわかっているとき、確実にいえるものはどれか。

  • ア Aは4日間担当したが、そのうちの3日間だけ連続していた。
  • イ Bは3日連続して担当しない日があったが、それ以外の日はすべて担当した。
  • ウ 火曜日に担当したのはC1人であった。また、Aが担当してBが担当しない 日はCも担当した。
  • エ Dは3日間担当したが、連続して担当した日はなかった。また、CとDが同 じ日に担当することもなかった。
  • 1. Aは土曜日に担当しなかった。
  • 2. Bは木曜日に担当した。
  • 3. 月曜日に担当したのはAとDの2人だった。
  • 4. Cは金曜日に担当した。
  • 5. 水曜日に担当したのはD1人だった。

解説

まず、火曜日に担当したのはC1人という条件から考えてみる。Aは4日間のうち3日間連続しているので、火曜日が担当でない場合、連続する3日間は水~金、あるいは木~土となり、どちらにしてももう1日の担当は月曜日ということになる。

Dについても、3日間担当しているが連続していないので、水~土の間で担当するのは2日間しかなく、ここからDも月曜日に担当している。

そして、Dが月曜日に担当しているので、Cは月曜日に担当していない。そうすると、月曜日についてはAが担当していてCが担当していないので、Bは月曜日に担当していることになる(条件ウ)

その結果、Bが担当しない3日間は火~木である。ここで、Aが連続して担当する3日間を水~金とすると、水、木はAが担当してBが担当しない日となるので、この2日間はCも担当し、したがってDは担当しないこととなる(条件エ)

しかし、この場合Dは金、土の2日間を連続して担当することになってしまい、結局条件エと矛盾することになる(表1)
つまり、Aが連続3日間担当するのは木~土である。木曜日はAが担当でBが担当ではないから、Cは担当でDは担当でない。

したがって、Dが担当する3日間は連続しないからDは水曜日に担当する。
ここまでが表2であるが、金、土のC、Dに関しては確定しない(ただし、C、Dが2人とも担当することはない)。

以上から、1~3は誤り、4は不確実で、確実にいえるのは5だけであり、これが正答である。

正答:5

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る