• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  地方公務員[大卒]  >  判断推理8 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■判断推理8 (地方公務員[大卒])

問題

A~Dの4人が受けた試験の結果について、4人はそれぞれ以下のように述べているが、本当のことを述べているのは1人だけで、他の3人はすべてうそを述べている。
合格したのが2人であるとき、合格した2人の組合せとして正しいものはどれか。

  • A Bは合格した。
  • B AとCのうち1人だけが合格した。
  • C Bが言っていることは正しい。
  • D Cが言っていることはうそである。
  • 1. A、B
  • 2. A、C
  • 3. B、C
  • 4. B、D
  • 5. C、D

解説

B、C、Dの発言について考えてみると、Cの発言から判断できることは、BもCも本当のことを述べているか、BもCもうそを述べているかのどちらかである。

本当のことを述べているのは1人だけなので、B、Cとも本当のことを述べていることはありえず、2人の発言はうそということになる。
そうすると、Dの発言が正しいことになるので、Aの発言もうそと決定する。

そこでBの発言を考えてみると、「AとCのうち1人だけが合格した」というのがうそなので、「AもCも合格した」または「AもCも合格しなかった」のどちらかとなる。

「AもCも合格しなかった」という場合、合格した2人はBとDということになるが、それだとAの発言が正しいことになってしまう。

よって、「AもCも合格した」でなければならず、合格した2人はAとCで、正答は2である。

正答:2

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る