• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  地方公務員[大卒]  >  化学 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■化学 (地方公務員[大卒])

問題

いろいろな気体の性質について述べた次の記述のうち,妥当なものはどれか。

  • 1. 一酸化炭素には強い酸化作用がある。製鉄の過程では高炉中においてコークスが燃えたときに発生する一酸化炭素の酸化作用が利用されている。
  • 2. ガソリン自動車の排気ガス中に含まれる一酸化窒素は大気中で酸化されて二酸化窒素になるが、これが雲の中の水滴や降雨中の雨滴に溶け込むと、酸性雨の原因となる。
  • 3. アンモニアは地球温暖化の原因となる気体であり、水に溶けやすく、密度は空気よりも大きいので、実験室では下方置換で捕集する。
  • 4. 塩化水素は黄緑色の有毒気体で、空気より重く、アンモニアと接触させると塩化アンモニウムの白煙を生ずる。
  • 5. メタンは炭素と水素の化合物で、常温では極めて安定であるため可燃性はない。また、わずかに温室効果を示すが地球温暖化への影響は少ない。

解説

  • 1. 一酸化炭素 CO には還元作用があり、高炉においては高温でコークスが燃えたときに発生する一酸化炭素によって鉄鉱石が還元され、融けた鉄が炉底にたまる。
  • 2. 正しい。自動車のエンジン内では瞬間的に高温・高圧の条件になるため窒素と酸素が直接反応して一酸化窒素 NO を生ずる。NO は水に溶けにくいが、NO が酸化されてできる二酸化窒素 NO2 は水によく溶けるため、雨滴などに溶け込んで酸性雨の原因となる硝酸 HNO3 を生ずる。
  • 3. アンモニア NH3 は地球温暖化の原因となる気体ではない。また、水に溶けやすく空気より軽いため、上方置換で捕集する。
  • 4. 塩化水素 HCl は無色の気体で、水によく溶けて塩酸となる。なお、塩化水素とアンモニアが反応して塩化アンモニウム NH4Cl の白煙を生ずる反応は、塩化水素、アンモニアそれぞれの検出に利用される。
  • 5. メタン CH4 は分子量の最も小さい炭化水素で、天然ガスの主成分であり、エネルギー資源として重要である。また、メタンは二酸化炭素の約20倍の温室効果を示し、大気中へのメタンの放出は地球温暖化を加速させる危険がある。

正答:2

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る