• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  地方公務員[大卒]  >  経済 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■経済 (地方公務員[大卒])

問題

需要に関する次の記述のうち、妥当なものはどれか。

  • 1. 需要とは、消費者が最低限必要とする量である。
  • 2. 需要は消費者の所得や価格によって決まるので、広告が需要に影響を与えることは一切ない。
  • 3. 需要の価格弾力性がゼロのとき、需要曲線は水平になる。
  • 4. 同一需要曲線上であれば、需要の価格弾力性は常に一定である。
  • 5. 利用可能な代替財が多ければ、需要の価格弾力性は大きくなる。

解説

  • 1. 需要とは、消費者が購入したいと思う量のことであり、消費者が最低限必要とする量ではない。
  • 2. 広告は消費者に財の性質等を伝え、消費ブームをもたらすことがあるように、需要に大きな影響を与えることがある。
  • 3. 需要の価格弾力性とは、価格が1%上昇したときの需要量の減少率を示す指標である。その値が0であるということは、価格が変化しても需要量が変化しないことを意味するので、需要曲線は垂直になる。
  • 4. 一般に、同一需要曲線上であっても、需要の価格弾力性は変化する。ただし、需要曲線が直角双曲線の場合、需要の価格弾力性は常に1である。
  • 5. 正しい。

正答:5

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る