• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  地方公務員[大卒]  >  社会 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■社会 (地方公務員[大卒])

問題

グリム童話の中に、木の上のぶどうをとろうとして失敗した狐が、あんなぶどうはどうせ酸っぱいさといって強がって見せる話が載っている。これは心理学的にいえば、防衛機制の一種である「合理化」に該当する。
次の各文のうち、「合理化」の例として正しいものはどれか。

  • 1. 酔っ払いに絡まれていた友人を助けずに、知らん振りをして通り過ぎてしまい、「あの時は急いでいたから」という言い訳を考えた。
  • 2. 大学を卒業して会社に就職したときに、特に理由はないものの、先輩や同僚がどうも自分を嫌っているような気がしてならず、「どうせ自分は嫌われ者さ」とつぶやいた。
  • 3. 子供がアニメ映画を見た後で、主人公のヒーローと自分とを重ね合わせ、「僕が世界を救うんだ」と大声で叫んだ。
  • 4. 大切にしていた骨董品のつぼをうっかり床に落として割ってしまい、本当ならば悲しくてたまらないはずなのに、なぜか高笑いしてしまった。
  • 5. 自立心の強かった子供が、生まれたばかりの弟がいつも両親にかわいがられているのを見て、デパートに行くと「あれを買ってくれなきゃ嫌だ」とだだをこねるようになった。

解説

防衛機制とは、欲求が満たされない状況において心の安定を取り戻すために作用する心理的なメカニズムのことである。
合理化、投影(投射)、同一視などさまざまな形で発現する。

  • 1. 正しい。合理化とは、欲求が満たされない状態において、なんらかの理由をつけて自分を正当化することを意味している。
  • 2. ある感情を抑圧した際に、それを他者が自分に対して抱いている感情であるかのようにすり替えているので、投影(投射)に該当する。
  • 3. 他者と自己を重ね合わせているので、同一視に該当する。
  • 4. ある感情を抑圧した際に、それとは正反対の行動をとっているので、反動形成に該当する。
  • 5. 成長の過程を逆戻りしているので、退行に該当する。

正答:1

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る