• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  警察官・消防官[大卒]  >  日本史 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■日本史 (警察官・消防官[大卒])

問題

日本の貨幣制度について述べた次の記述のうち,正しいものはどれか。

  • 1. 律令国家は,和同開珎の流通を促すために蓄銭叙位令を出し,一定額の銭を蓄積した者にはその額に応じて位階を与えた。
  • 2. 律令国家が,10世紀半ばまでに本朝十二銭と呼ばれる銭貨を鋳造した結果,全国的に貨幣経済が発展し,物々交換が行われなくなっ た。
  • 3. 鎌倉時代になると全国的な商業取引きが盛んになったので,鎌倉幕府は寛永通宝を鋳造して,遠隔地間の取引きや荘園の年貢納入な どに利用させた。
  • 4. 室町幕府は,日明貿易によって永楽通宝をはじめとする明銭を輸入したが,国内では私鋳銭が流通していたため,ほとんど使われな かった。
  • 5. 江戸時代,幕府は金座・銀座を設けて,同じ規格の金・銀を発行し,全国に通用させたが,銭は永楽銭の使用が江戸時代を通じて行 われた。

解説

  • 1. 正しい。
  • 2. 律令国家は,和同開珎(708年)から乾元大宝(958年)まで12種類の銅銭を鋳造したが,銭貨の流通は京・畿内や国府周辺に限られ ,それ以外の地域では稲や布などの現物貨幣による交換が行われており,貨幣経済が全国的に発展することはなかった。
  • 3. 鎌倉幕府は貨幣を鋳造することはなかった。寛永通宝は江戸幕府が鋳造した貨幣である。本朝十二銭以後,日本では貨幣鋳造は行わ れなくなり,中国からの輸入銭が使われていた。鎌倉時代になると,遠隔地間の商取引きも盛んになったが,使われていたのは宋銭である。
  • 4. 室町時代には,前代から引き続いて宋銭も使われていたが,さらに永楽通宝など明からの輸入銭が使われるようになった。それだけ では貨幣需要の増大に追いつかず,私鋳銭も使われるようになり,取引きに当たって良銭を選ぶ撰銭が行われるようになった。
  • 5. 幕府は,1608年に「永楽銭通用禁止令」を出して,永楽銭の通用を禁止したが,その後も流通していた。しかし,1636年に江戸と近 江坂本に銭座を設けて寛永通宝を大量に鋳造して以来,次第に中国銭などは駆遂され,17世紀中頃までに,近・銀・銭の三貨制度が整った。

正答:1

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る