• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  警察官・消防官[大卒]  >  政治1 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■政治1 (警察官・消防官[大卒])

問題

内閣総理大臣に関する次の記述のうち,妥当なものはどれか。

  • 1. 内閣総理大臣は,衆議院議員の中から国会の議決で指名される。
  • 2. 内閣総理大臣は,国務大臣を任命することができるが,その過半数は,国会議員の中から選ばれなければならない。
  • 3. 内閣総理大臣に対する問責決議案が参議院で可決された場合には,内閣は総辞職しなければならない。
  • 4. 内閣総理大臣は,閣議にかけて決定した方針に反する場合にも,行政各部を指揮監督することができる。
  • 5. 内閣総理大臣は,憲法および法律の規定を実施するために,政令を制定することができる。

解説

  • 1. 内閣総理大臣は,国会議員の中から国会の議決で指名される(憲法67条1項前段)のであり,衆議院議員に限られない。
  • 2. 正しい(同68条1項)。
  • 3. 衆議院による内閣不信任決議とは異なり(同69条参照),参議院による内閣総理大臣の問責決議には法的効果は認められていないか ら,内閣は総辞職する必要はない。
  • 4. 内閣総理大臣は,閣議にかけて決定した方針に基づいて,行政各部を指揮監督することができる(内閣法6条)のであって,閣議に かけて決定した方針に反する場合には,行政各部を指揮監督することができない。
  • 5. 政令の制定は,内閣総理大臣の権能ではなく,内閣の権能である(憲法73条6号)。

正答:2

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る