• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  市役所[大卒]  >  判断推理1 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■判断推理1 (市役所[大卒])

問題

A~Fの男性6人と,P~Uの女性6人が集団でお見合いをした。終了時に各人は気に入った相手を1人ずつ選び,それについて次のア~カのことがわかっている。このとき,Aを選んだ女性がいたとすると,その女性として確実なのは誰か。

  • ア. 誰からも選ばれない女性はいなかったが,互いに相手を気に入った組合せはなく,カップルは1組も成立しなかった。
  • イ. Aが選んだ女性と,Fが選んだ女性は,いずれもDを選んだ。
  • ウ. Bが選んだ女性はPで,Pが選んだ男性はCであった。
  • エ. Cが選んだ女性はQで,Qが選んだ男性は他の女性からも選ばれていた。
  • オ. Dは3人の女性から選ばれたが,Dが選んだ女性はFを選んだ。
  • カ. EはTを選んだ。
  • 1. Q
  • 2. R
  • 3. S
  • 4. T
  • 5. U

解説

誰からも選ばれない女性はいなかったのだから,男性6人は全員別々の女性を選んだことになる。
BがPを,CはQを,EはTを選んでいるので,A,D,Fが選んだ女性はR,S,Uのいずれかで,すべて異なっていなければならない。また,Dは3人の女性から選ばれ,C,Fを選んだ女性もいるので,Aを選んだ女性がいるとすれば,それは1人だけで,複数の女性から選ばれたのはDだけである。
そうすると,Qが選んだ男性はDであり,R,S,Uのうち,Dが選んだ女性がFを,それ以外の2人がDを選んだことになる。つまり,P,Q,R,S,Uの5人はAを選んでおらず,Aを選んだ女性がいるとすれば,その可能性があるのはTだけということになる。
よって,正答は4である。

正答:4

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る