• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  市役所[大卒]  >  判断推理2 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■判断推理2 (市役所[大卒])

問題

A~Fの6人で昼食に行き,各人は焼肉定食,刺身定食,天ぷら定食,唐揚げ定食の中からいずれか1つを注文して食べた。次のことがわかっているとき,確実にいえるのはどれか。

  • ア. 誰からも注文されない定食はなかった。
  • イ. Bは刺身定食,Eは唐揚げ定食を注文した。
  • ウ. 焼肉定食と刺身定食を注文した人数は異なっており,天ぷら定食と唐揚げ定食を注文した人数は同じであった。
  • エ. CとDは同じ定食を注文した。
  • 1. Aは天ぷら定食を注文した。
  • 2. 焼肉定食は3人が注文した。
  • 3. CとDは刺身定食を注文した。
  • 4. 天ぷら定食は2人が注文した。
  • 5. AとFは注文した定食が異なっていた。

解説

まず,各定食を注文した人数を考えてみる。注文したのは6人で,誰からも注文されない定食はない。そして,焼肉定食と刺身定食を注文した人数は異なっており,天ぷら定食と唐揚げ定食を注文した人数は同じであることから,天ぷら定食と唐揚げ定食を注文したのはそれぞれ1人ずつでなければならない。天ぷら定食と唐揚げ定食を2人ずつが注文していると,残りは2人だけなので,焼肉定食と刺身定食で注文した人数が異なるという条件を満たせないからである。
ここから,焼肉定食と刺身定食を注文したのは合計4人で,一方が3人,もう一方が1人ということになる。CとDは同じ定食を注文しているので,これは3人が注文した定食でなければならず,焼肉定食か刺身定食のいずれかである。C,Dが刺身定食を注文した場合が表Ⅰ,焼肉定食を注文した場合が表Ⅱであり,いずれにしても,A,Fの一方が焼肉定食を,他方が天ぷら定食を注文していることになるので,A,Fが注文した定食は異なっている。ただし,どちらを注文したかは確定できない。
以上から,確実にいえるのは「AとFは注文した定食が異なっていた」だけである。
よって,正答は5である。

正答:5

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る