• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  市役所[大卒]  >  経済1 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■経済1 (市役所[大卒])

問題

ある国では,職種Lの賃金より職種Hの賃金のほうが高く,両職種ともに就労者数が増加すると賃金は減少する。この国が外国人労働者を受け入れる とき,次のア~ウのうち妥当なもののみをすべて挙げているのはどれか。ただし,職種Lと職種Hが代替関係にあるとき,一方の職種の就労人口が増 加すれば他方の就労人口が減り,補完関係にあるとき,一方の職種の就労人口が増加すれば他方の就労人口も増加するものとする。

  • ア. 職種LとHが代替関係と補完関係のいずれであっても,外国人労働者を受け入れると,賃金格差は拡大する。
  • イ. 職種LとHが代替関係にあるとき,職種Hが外国人労働者を受け入れると,賃金格差は縮小する。
  • ウ. 職種LとHが補完関係にあるとき,職種Lが外国人労働者を受け入れると,賃金格差は拡大する。
  • 1. ア
  • 2. ア,イ
  • 3. ア,ウ
  • 4. イ
  • 5. イ,ウ

解説

初めに,職種LとHが補完関係にある場合を考える。両職種ともに就労者数が増加(減少)すると賃金は下落(上昇)するので,両職種の賃金の動き は一致する。本問では,職種間における賃金の変化のしかたに関する条件が与えられていないため,補完関係にあるとき賃金格差がどのように変化す るかについては断言できない(アとウは誤り)。
次に,職種LとHが代替関係にある場合を考える。一方の職種で就労者数が増えると他方の就労者数が減り,両職種ともに就労者数が増加すると賃金 が下落するので,両職種間で賃金の動きが反対になる。よって,職種Hのみが外国人労働者を受け入れると,職種Hの賃金は低下するが,職種Lの賃 金は上昇するので,賃金格差が縮小する(アは誤り)。
よって,正答は4である。

正答:4

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る