• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  市役所[大卒]  >  政治1 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■政治1 (市役所[大卒])

問題

次の文章中の下線ア~オについて,正しい内容の組み合わせとして妥当なものはどれか。
「わが国の国会は衆議院と参議院から構成されているが,両者の選挙制度はさまざまな点で異なっている。まず,衆議院では小選挙区比例代表並立制が採用されている。小選挙区選挙では 各選挙区から2名ずつ選出され,比例区選挙では 全国11ブロックから合計300名が選出される小選挙区と比例区の重複立候補も認められる。次に,参議院では選挙区制と比例代表制の混合制が採用されている。選挙区選挙では 各都道府県がそれぞれ原則ひとつの選挙区となり,有権者数に応じた数の議員が選出される。比例区選挙では 全国をひとつの選挙区として,各党にドント式で議席が配分される。」

  • 1. ア,ウ,オ
  • 2. イ,ウ,エ
  • 3. イ,エ
  • 4. ウ,エ,オ
  • 5. エ,オ

解説

  • ア. 誤り。衆議院の小選挙区選挙においては,全国で289の選挙区から1名ずつが選出される。各選挙区から2名以上の当選者を選出する選挙制度は,大選挙区制に該当する。
  • イ. 誤り。衆議院の比例区選挙においては,全国11ブロックから合計176名が選出される。
  • ウ. 正しい。公職選挙法では重複立候補が原則禁止とされており,同一人物が同時に複数の選挙に立候補することはできない。衆議院の小選挙区選挙と比例区選挙における重複立候補は,その唯一の例外である。
  • エ. 正しい。参議院の選挙区選挙では,各都道府県がそれぞれ1つの選挙区となる(2県をまとめた「合区」を除く)。各選挙区の当選者数は有権者数に応じて決定されており,現在では各回の選挙で1ないし6名が選出されている。
  • オ. 正しい。参議院の比例区選挙では,全国が1つの選挙区とされている。衆議院の比例区選挙では,全国が11ブロックに分割されており,この点で両者の仕組みは大きく異なっている。

  • 以上より,正答は4である。

正答:4

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る