• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  市役所[大卒]  >  世界史2 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■世界史2 (市役所[大卒])

問題

仏教に関する次の記述のうち,妥当なものはどれか。

  • 1. ガウタマ=シッダールタによって始められた仏教は,インド社会のあるがままを受け入れることを勧めたので,インドの身分制度を固定化する役割を果たした。
  • 2. マウリヤ朝のアショーカ王の時代にスリランカに伝わった上座部仏教は,その後,タイ,ミャンマー,カンボジアなどに伝わり現在に至っている。
  • 3. ヴァルダナ朝では,支配者の多くはヒンドゥー教の信者であったため,仏教やジャイナ教は弾圧され,衰退に向かった。
  • 4. 中国を経て,朝鮮,日本に伝わった仏教は,出家者が厳しい修行を積んで悟りを得て自らの救済を求めるという大乗仏教であった。
  • 5. 元代では,チベット仏教は保護され宮廷内に広まったが,清では,チベットを直接支配したため,チベット仏教の指導者であるダライ=ラマはインドに亡命した。

解説

  • 1. 仏教は,動物を犠牲にする供儀や難解なヴェーダの祭式を否定し,バラモンを頂点とするヴァルナ制を否定した。仏教はジャイナ教とともに,バラモンの権威を否定する宗教として生まれたのである。そのため,クシャトリア(ヴァルナの第2位,武士・貴族層)やヴァイシャ(ヴァルナの第3位,農民,牧畜民,商人など一般庶民層)から支持されて広まった。
  • 2. 正しい。
  • 3. ヴァルダナ朝の支配者の多くはヒンドゥー教の熱心な信者であったが,信仰に関しては寛容であり,仏教やジャイナ教にも保護を与えた。当時,唐からやってきた玄奘はハルシャ王の保護を受けて,ナーランダ僧院で学ぶことができた。仏教が衰退するのは,商業活動の不振によって重要な支持者である商人の支援を失ったうえ,仏教やジャイナ教を攻撃するバクティ運動の影響を受けたからである。
  • 4. 中国を経て朝鮮,日本に伝わった仏教は大乗仏教であるが,問題文の説明は上座部仏教(部派仏教,小乗仏教)である。大乗仏教は,上座部仏教のように自分の救済だけを求めるのではなく,すべての人間を救済することをめざす考えである。大乗とは大きな乗り物のことで,上座部仏教を小乗と呼んでさげすんだ。
  • 5. 元,明,清とチベット仏教は保護された。元では,征服地の民族,宗教に対しては寛容であっただけでなく歴代皇帝は熱心な信者であった。明でも永楽帝は熱心な信奉者であり,チベット僧と王室の密接な関係は,チベット僧の腐敗を招いた。清朝は,チベットを藩部として理藩院が統括したが,藩部の習慣や宗教については干渉しなかった。また,チベット人の支持を得るためにチベット仏教を手厚く保護し,黄帽派チベット仏教の教主であるダライ=ラマが,政治と宗教を支配した。ダライ=ラマ(14世)がインドへ亡命したのはチベット動乱(1959年)の時である。チベットは清朝の崩壊を機に独立したが(1913年),中華人民共和国が成立すると中国軍の進駐が始まり,1965年,チベットは中国の自治区となった。

正答:2

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る