• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  過去問にチャレンジ!  >  市役所[大卒]  >  資料解釈 

kakomon

過去問には合格のヒントがいっぱい!

『過去問にチャレンジ!』

■資料解釈 (市役所[大卒])

問題

次の図は,献血量および献血者数の推移を示したものであるが,この図に関する記述について,妥当な組合せはどれか。


ア 2000年の献血者数に対する献血量は,2006~2008年のいずれの年よりも低い。
イ 2001年から2008年にかけて,成分献血者数と献血量をそれぞれ前年と比較した場合,一方が増加すると他方も増加し,一方が減少すると他方も減 少している。
ウ 2001年から2008年にかけて,400mL献血者数と献血量をそれぞれ前年と比較した場合,一方が増加すると他方も増加し,一方が減少すると他方も 減少する傾向がある。

  •   ア   イ   ウ
  • 1. 正   正   誤
  • 2. 正   誤   正
  • 3. 正   誤   誤
  • 4. 誤   正   誤
  • 5. 誤   誤   正

解説

  • ア. 正しい。2006~2008年の献血量を2000年と比較すると,その減少率はいずれも12%未満である。これに対し,2006~2008年の献血者数を 2000年と比較すると,いずれも13%以上減少している。したがって,「2000年の献血者数に対する献血量は,2006~2008年のいずれの年よりも低い 」というのは正しい。
  • イ. 正しい。2001~2008年は,いずれの年も一方が増加すれば他方も増加し,一方が減少すれば他方も減少している。
  • ウ. 誤り。2003年,2005年は,献血量はいずれも前年より減少しているが,400mL 献血者数はいずれも前年より増加している。

  • よって,正答は1である。

正答:1

過去問にチャレンジ!トップページに戻る

あなたのご要望に合った情報をご用意!

  1. (1)公務員合格を最大限にバックアップします!・・・・・・・公務員試験 通信講座
  2. (2)公務員試験を一覧で見れます。・・・・・・・・・・・・・・・公務員試験一覧
  3. (3)自分に合った公務員職種を見つけたい方は・・・・・・・クイック検索
  4. (4)公務員を目指す方へ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・受験の不安解決Q&A
  5. (5)公務員への転職をお考えの方へ・・・・・・・・・・・・・・・・公務員への転職ガイド
  6. (6)公務員就職・転職を成功させた秘訣は?・・・・・・・・・・合格体験記

一覧ページに戻る