• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  合格体験記  >  [2018]VOICE.12 森本 爽太 さん(兵庫県立篠山鳳鳴高校卒業)

合格体験記

適度に息抜きをしながら、集中して質の良い勉強時間にしてください

警視庁 警察官 Ⅲ類 合格new

森本 爽太 さん

(兵庫県立篠山鳳鳴高校卒業)

適度に息抜きをしながら、集中して質の良い勉強時間にしてください

私は中学生のころから警察官という職業にとても興味があり、警察官採用試験を受けました。

私の通う高校は普通科のため、大学進学する人が大多数を占めており、学校で試験対策の授業はほとんどありませんでした。また専門学校で無料のセミナーを開いていましたが、交通費や移動時間などを考慮するとあまり効率的とはいえません。そこで私が選んだのが自宅で自分のペースで進められる通信講座でした。

私がこの通信講座を申し込んだのが警察官採用試験を受ける年の4月で一次試験まで5か月を切っていて残り時間が限られていたため、家でテキスト&ワークに取り組み、学校の休み時間など空いている時間に[一般知識]ハンディチェックを確認していました。一般知識のテキスト&ワークは分厚く、膨大な量に見えますが、公務員試験に頻出の問題のみ載っているため効率よく学習を進められます。例えば公務員試験の中でも配分が多い科目である政治・経済では、高校で扱う教科書は200ページ程あるのに対し、このテキスト&ワークでは30ページ程度です。それだけ内容が絞り込まれているのだと思います。また、判断推理・数的推理のテキスト&ワークは2周ずつ学習した結果、模試や試験でほとんど解くことができました。

最後に、これから公務員試験を受ける人に伝えたいことは、適度に息抜きをしてほしいということです。勉強時間を十分に確保することも大切ですが、その勉強時間を集中して質の良いものにするためにも息抜きも必要です。自分に合った勉強法を見つけて、手の届くところから始めていってください。

一覧ページに戻る