• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  合格体験記  >  [2019]VOICE.04 末光 弘明 さん

合格体験記

実力判定テストは勉強の手ごたえを確認でき、モチベーション維持や勉強の計画修正に重宝しました

和歌山県 Ⅰ種 林学職 合格new

末光 弘明 さん

(神戸大学卒業)

実力判定テストは勉強の手ごたえを確認でき、モチベーション維持や勉強の計画修正に重宝しました

私は既に大学を卒業しており、予備校に通うなどもためらわれたので、手軽な通信講座で公務員試験に向けて準備することにしました。公務員試験対策でよく実務教育出版の書籍を目にする機会が多かったので、信頼度は高いだろうと思い、申し込みを決断しました。

通信講座で一番ありがたかったのは、実力判定テストです。勉強の手ごたえを確認できるため、モチベーションの維持や、勉強計画の進捗の修正に重宝しました。

講座テキストの利用方法としては、知能分野については一般書籍の問題集を購入していたので、問題集を解きつつ、行き詰ったときなど講座のテキストを教科書のように利用していました。知識分野については、テキストに記載されている職種ごとの出題傾向を参考に、出題頻度の少ないものは全く手を付けないことにして、主に一問一答や直前対策ブックを繰り返し読んでいました。教養試験では知能分野の出題が多く、また、私が受験した都道府県の試験では、知識分野は選択式で好きな問題を選べるので、読んでいたのは興味の持てる分野くらいでした。

試験勉強は範囲も広く、飽きて嫌になるときもあります。まずは、自分を勉強に飽きさせないためにも、何が自分のモチベーションの維持につながるかを考えるところから始めてみるといいかもしれません。

一覧ページに戻る