• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  合格体験記  >  [2017]VOICE.06 望月 貴洋 さん(東京農工大学卒業)

合格体験記

自分と教材を信じて試験当日までやりきってください

東京都 Ⅰ類B[一般方式] 行政 合格new

望月 貴洋 さん

(東京農工大学卒業)

→インタビュー記事を読む

動画有り

自分と教材を信じて試験当日までやりきってください

私が通信講座を選んだのは、試験勉強の全体像を把握したうえで、自分で計画を立て、勉強を進めたかったからです。

私は理系の大学に通っていたため試験科目の専門分野(行政)についての知識が全くありませんでした。そのため、他の文系の学生が2、3年かけて学んでいることを半年程度で習得しなければいけませんでした。また、体育会の部活にも入っていたので、勉強は主にスキマ時間を活用するしかありませんでした。これらのハンデを背負ったうえで、公務員試験を戦い抜くためには、必要最低限の時間で十分な勉強をすることが一番重要でした。予備校の利用はスケジュール的に厳しく、独学は不安が大きかったため、最終的には勉強に必要な教材がいっぺんに獲得でき、コンパクトにまとまった実務教育出版の通信講座を選択しました。

勉強方法については、2つのことを意識しました。

1つ目は、同じ問題集を何周もすることです。公務員試験のほとんどの科目は暗記系なので、実務教育出版のしっかりまとめられた問題集を繰り返し解き、解答解説まで丸暗記することを目標にしました。

2つ目は、どんな時間も勉強するということです。前述の通り、私には時間があまり無かったので、電車などの移動時間やトイレやお風呂の時間まで、1問でもいいので問題を解いていました。

予備校とは違い通信講座は自分一人で勉強するしかなく、不安になるかもしれません。しかし、自分がやってきたこと、使ってきた教材を信じて試験当日まで勉強をやりきってほしいと思います。応援しています!

一覧ページに戻る