• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  合格体験記  >  [2018]VOICE.01 中村 茜 さん(駒澤大学卒業)

合格体験記

学習プランを定期的に見直しながら、教材を効率よく活用することができました

所沢市役所 事務職(大学卒)合格new

中村 茜 さん

(駒澤大学卒業)

学習プランを定期的に見直しながら、教材を効率よく活用することができました

私はアルバイトを続けながら、大学の授業も活用し、自分のペースで学習を進めたいと思っていたので、通信講座を選びました。実務教育出版の通信講座の教材は、出題範囲をきちんとカバーしており、予備校と比較すると安価で手にいれることができたのも魅力的でした。法律分野は大学の授業の教材で補足しました。

まず得意な科目はワークブックに取り組み、理解が浅い科目はテキストブックを利用して学習しました。ちょっとした合間には、手軽に取り組めるJトレプラスでより多くの問題に触れるようにしていました。苦手な数的推理については、数学の基礎確認ドリルを活用しながら、一つの問題をじっくり解くようしました。

学習ペースを自分で維持しなければならないことは大変ですが、公開模擬試験や本試験問題例集を小さな目標にしました。また、学習プランが自分に合っているのかをチェックし、修正するようにしていました。Jサイトには学習開始月別のモデルプランも紹介されていたため、一度学習プランが崩れてしまっても立て直すことができました。

時事対策については、定期的にメールで配信される時事問題のチェックを活用していました。そのメールが時事に関心を持つきっかけになり、政策の動向を意識するようになったことは論文や面接の話題にもつながったと思います。

公務員試験は民間企業の就職活動に比べるとスタートが遅く、焦ることが多いと思います。しかし、教材を地道に進めていれば、必ず力はついてきます。公務員として働く自分を思い浮かべながら、最後まで諦めず、粘り強く取り組むことが大切です。

一覧ページに戻る