• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  公務員試験ニュース  >  2021年03月25日 ★公務員が気になる1・2年生へのおすすめ本

公務員試験ニュース

2021年03月25日

★公務員が気になる1・2年生へのおすすめ本

●何が大切なのかを早めに知る
大学1・2年生で「公務員試験を受けよう!」と考えている人は、まず公務員試験についてよく知ることが大切です。
何が大切なのかを早めに知っておけば、効率的に対策が進められます。

①現職人事が書いた「公務員になりたい人へ」の本
公務員になりたい人へ

公務員の仕事と待遇、採用試験の仕組みからその対処法までを、人事課で職員の採用と人事全般を担当してきた著者が、わかりやすく書いています。

公務員になりたい人へ

詳細はこちら⇒https://jitsumu.hondana.jp/book/b508225.html

●すぐに勉強を始めたい人は
「いますぐに勉強を始めたい!」ということなら、判断推理から。ほとんどの公務員試験で多くの問題が出る重要科目だからです。暗号問題やパズルっぽい問題などで、楽しみながら(?)学べます。
オススメ本はこちら!

②公務員試験 判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱[改訂第2版]
判断推理玉手箱

判断推理では、たとえばこんな問題が出ます。(正答はこの記事の最後に掲載)

判断推理玉手箱

詳細はこちら⇒https://jitsumu.hondana.jp/book/b239610.html

●親切問題集でおさらい
数的推理は、判断推理と並ぶ重要科目です。しかし、判断推理と比べて苦手意識を持つ人が多い科目です。算数・数学っぽいところがその理由です。
そんな数的推理に関するオススメ本はこちら!

③公務員試験 数的推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱[改訂第2版]
数的推理玉手箱

算数・数学から遠ざかって「浦島太郎状態」な人のための親切問題集で、「足し算・引き算」からおさらいできます。早めに始めて得意科目にすれば、一気に有利になれます!

詳細はこちら⇒https://jitsumu.hondana.jp/book/b239611.html

●民間就活にも役立つ1冊
「公務員試験を受けようと思っているけど、民間も捨てきれない」という人にはこんな本もあります。

④公務員試験で出る SPI・SCOA[早わかり]問題集
SPI・SCOA[早わかり]

最近は公務員試験でも、民間就活のようにSPI3やSCOAなどを組み込んでいる場合があります。この本で様子見をしてみるのも手かも!?
ちなみに、上で紹介した「解法の玉手箱」2冊を先に読んでいると、SPI3やSCOAは簡単に感じるはずです。判断推理や数的推理を勉強しておくと、そういう効果もあるのです。

詳細はこちら⇒https://jitsumu.hondana.jp/book/b552665.html

●やる気が高まる1冊
勉強も始めたいけど、まずはモチベーションを上げたい、という人にはこちら。

⑤地域も自分もガチで変える! 逆転人生の糸島ブランド戦略
糸島

著者の岡祐輔さんは、糸島市の職員。採用時は合併前の町役場職員でしたが、「この仕事向いてないよ」「税金の無駄」などと言われてしまった過去がありました。そんな岡さんが「ダメな自分」から変わり、「糸島ブランド戦略」を進めると、糸島市は観光客も人口も増加する人気のまちになりました。
公務員の仕事の魅力がわかる一冊で、勉強のモチベーションが跳ね上がります!

詳細はこちら⇒https://jitsumu.hondana.jp/book/b497987.html


◆問題の解説◆
碁盤の目を用いて、その中に条件を書き入れていきます。
A、B、Dの位置を決めて、他の交差点の位置を順に書き入れると、こうなります。Fの位置はF1とF2の2通りがありえます。

判断推理玉手箱

この図をもとに各選択肢を検討すると、正しいのは1とわかります。正答は1です。
駆け足で説明しましたが、「これだけではわからない」という人は『公務員試験 判断推理がみるみるわかる! 解法の玉手箱[改訂第2版]』をご覧ください。一つずつ丁寧に解説していきますので、きっと理解できるはずです!

公務員試験ニュースは試験別に見ることができます。
下記の各試験名をクリックしてください。

一覧ページに戻る