• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  公務員試験Q&A  >  「民間経験者試験」と新卒者を対象とする試験「大卒程度公務員試験(一般枠)」の試験の違いは?

公務員試験Q&A

公務員試験の仕組み・出題内容・試験対策に関する質問

「民間経験者試験」と新卒者を対象とする試験「大卒程度公務員試験(一般枠)」の試験の違いは?

それぞれに特徴があります。

「民間経験者試験」は、特に論文試験と面接試験が重視され、現在就いている仕事をいかに公務に生かせるかについてのアピールやプレゼンテーションなどがあります。
教養試験は、「大卒程度公務員試験(一般枠)」と比べると同等かやや易しいレベルで、択一式の筆記試験のウエートが小さく、自治体によっては筆記試験の成績は一定以上取れているかどうかだけを見る程度というところもあります。

「大卒程度公務員試験(一般枠)」の場合は、筆記試験で現役大学生などと同じ試験を受験しますので、一次試験から十分に学習対策をしておきましょう。

試験の倍率は、「民間経験者試験」は採用数が少ないため、競争率は「大卒程度公務員試験(一般枠)」よりも高くなります。しかし、これまでのキャリアを生かせるチャンスですので、重要視される論文試験と面接試験対策をまずは万全にしておきましょう。

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

●公務員指導部…Tel.03-3355-1822 (土日祝日を除く 9:00~17:00)

一覧ページに戻る