• HOME
  • 通信講座
  • ブックス
  • 試験別情報
  • 各種お問い合わせ
  • 学校関係者の皆様へ 教材・セミナーのご案内

TOP  >  2020年度 通信講座  >  教養試験攻略【basic】セット

実務教育出版 公務員試験対策 通信講座


教養の教材は2020Cコースの教材と同じものです

教養試験攻略【basic】セット


講座の概要
受講対象 大卒程度 教養試験(基礎能力試験)対策 [都道府県、政令指定都市、特別区(東京23区)、市役所、国家総合職、国家一般職大卒など]
※本コースは教養試験対策として以下の試験にも対応可能です。
国家専門職[皇宮護衛官[大卒]、法務省専門職員(人間科学)、外務省専門職員、財務専門官、食品衛生監視員、労働基準監督官、航空管制官]、防衛省専門職員、裁判所総合職・一般職[大卒]、国会図書館総合職[大卒]・一般職A[大卒]、衆議院総合職[大卒]・一般職[大卒]>、参議院総合職、国立大学法人等職員。
申込受付期間 2019年4月1日~2020年3月31日
学習期間のめやす 標準:6か月これはあくまでもめやすです。試験本番までの期間を考慮し、ご自分にあった学習計画を立ててください。
受講料◇2019年10月1日現在の税込価格です。 教養試験攻略【basic】セット【一括払】:44,000円
※受講料は税込価格です。また、受講料には教材費、指導費などを含みます。
*本セットのお支払い方法は、コンビニ・郵便局(一括払い)またはクレジット決済(一括払い)のみです。
*クレジット決済の詳細は、各カード会社にお問い合わせください。

時間や場所を選ばずいつでもどこでも
学べる学習環境を提供!

公務員試験対策において、問題演習を繰り返し、解法を身につけることは最も重要で効果的な学習法です。教材独自の問題や過去問など多くの問題をe ラーニングサービス[J トレプラス]に収録しました。PC、スマホ、タブレットなど様々な機器から、演習に取り組め、学習の進捗状況や弱点把握ができます。

大卒程度 教養試験(基礎能力試験)の特徴

試験内容は千差万別。ただし試験の傾向に共通点は多い!
比重の高い科目を中心に、6割得点を確実にすれば合格はたやすい!

試験の出題傾向

教養試験は、公務員試験突破の要となる試験です。知識分野は、政治・経済、日本史、世界史、地理、数学、物理、化学など高校で学んだ内容に近いものですが、出題範囲が大変広く、知能分野は公務員試験独特の問題のため、どこをどのように勉強したらよいのかわからないという声がよく聞かれます。しかし、膨大な範囲の教養試験の中から、よく出るテーマだけを厳選し、基礎知識の習得と演習問題による実戦学習により、確実に知識を身につけていけば、高得点合格が可能です。

これならできる! 地方上級・市役所上級・国家一般職攻略!

幅広い教養試験の重要ポイントをわかりやすくまとめ演習問題を豊富に収録。
教養試験を得意にするアイテムをすべて詰め込みました。

知識分野の攻略法

知識分野は、科目数が多いため、得点源にできる科目を効率的に増やすのが得策です。型にはまった問題が多いので、頻出テーマを把握したら問題演習を重ねることが最も効果的です。テキストブックは、効率的に学習ができるように頻出テーマごとに分類し、随所に図表を入れて理解しやすくしています。テキストブックをマスターしたら、ワークブックで実際に問題が解けるかを確認しましょう。ワークブックは、テキストブックに対応したテーマ構成になっていますので、スムーズに理解することができます。わからな>かった問題は、テキストブックに戻って知識の再確認を行いましょう。

知能分野の攻略法

知能分野は、教養試験の中でも出題数のほぼ半分を占め、公務員試験の最も特徴的な重要分野です。判断推理や数的推理は暗記科目ではないので、初めはなかなか得点力がつきませんが、ある程度コツがわかればグングン上達します。「慌てず」「焦らず」「あきらめず」に努力することが合格への近道です。テキスト&ワークのテキスト部分で、解法テクニックをじっくり習得し、ワーク部分で最新傾向を盛り込んだ練習問題を実際に解いて実戦力を身につけていきます。

 
 


  • 受講申込方法はこちら
  • 資料請求はこちら